転職と一言でいっても希望企業が募集を行っていなければ意味がありません。その為、転職時期やタイミングもとても重要になってきます。当サイトでは転職の時期やタイミングについてまとめてまいります。転職をお考えの方は参考になさってみてください。

転職のタイミングについて会議をしている社会人たち

ベストな転職時期とは?

転職する時期としてベストなのは、年度の切り替え時期です。派遣社員の契約が切れる四半期も新たに求人を募集する時期となります。
有利に転職するためには、より多くの人が辞める時期を狙うことがポイントというわけです。そこで会社を退職する場合にも、その時期を狙った少し前のタイミングで行うことが必要となります。けれども、そのシーズンを逃してしまうと、少なくとも次の時期を迎えるまでは3ヶ月間空いてしまいます。
そのために、転職する先を決めてから退職するのがベストと言えます。計画的に転職活動を進めて、話がまとまってから辞めることになります。そのためには、おおよその内定が取れる時期に会社に辞める意向を表すことが必要です。最低でも1ヶ月前には退職の意思を示す必要があるので、そのタイミングを取るのはなかなか難しいものです。
そのためにも転職に好都合となるシーズンを狙って応募し、面接まで取り付けることが重要となります。上手くタイミングが合わなければ、会社を辞めてから転職活動を行うようなことにもなります。もしそのようなことになるのであれば、年度末や四半期のシーズンの1ヶ月前あたりに退職して準備することが必要です。
あるいは雇用保険をもらえる期間のうちに転職できるようにスケジュールを立てることになります。雇用保険が切れてしまうと、生活費は蓄えから捻出することになります。もし蓄えがないようなばあいには、早急にアルバイトなどを探すことになりかねないわけです。そのために、少し余裕を持って退職することが大切です。また就業中に転職活動をある程度進めておいて、退職してからは面接に臨むような形にしておくようなスケジュールを立てることも大事です。

↑ PageTop