転職と一言でいっても希望企業が募集を行っていなければ意味がありません。その為、転職時期やタイミングもとても重要になってきます。当サイトでは転職の時期やタイミングについてまとめてまいります。転職をお考えの方は参考になさってみてください。

転職のタイミングについて会議をしている社会人たち

中卒でも映像業界に転職できる

映像業界の仕事に就きたいのであれば、専門学校を卒業する方法が一般的になっていますが、中卒でも映像業界に入ることができます。中途半端な目的意識のもとで専門学校や大学に進学するよりも、映像制作の仕事をして早く稼ぎたい、と考えるほうが賢明な選択になります。映像に関する勉強はどこでもできますので、早い段階から映像業界の経験を積んだほうが良いでしょう。どんな作品を作りたいのか、という自分が望む姿を明確にすることが何よりも大切です。本当は映像の仕事をしたいのに、生活のために仕方なく別の仕事をしている方もいらっしゃるでしょう。学歴が中卒であるがゆえに、理想とする映像の仕事を諦めてしまっている方も多い現状があります。しかし、気持ちを高めることにより、転職という形で映像の仕事に就ける可能性が出てきます。テレビ局に就職し、高い給料をもらって安定を望むのであれば、一流大学を卒業しなければなりません。そのような安定した生活を送りたい方なら、最初から一流大学を目指しますが、自分の好きなことをやりたいと強く望めば、たとえ中卒であっても業界にコネクションをつくるといった努力によって、番組制作を手掛ける会社に転職できることもあります。実例として、ある放送作家の弟子になったという人がいます。その人の一年目は、ほとんどただ働きという状態にありましたが、徐々に実力を上げ今では一人前の放送作家になっています。学歴に縛られることなく、中卒でも諦めないことが大切です。高学歴のほうが可能性が広がることも間違いないのですが、努力しだいで将来の道を切り開いていけるものと信じ、中卒だということを気にし過ぎることなくチャンスを掴んでいただきたいです。

↑ PageTop