転職と一言でいっても希望企業が募集を行っていなければ意味がありません。その為、転職時期やタイミングもとても重要になってきます。当サイトでは転職の時期やタイミングについてまとめてまいります。転職をお考えの方は参考になさってみてください。

転職のタイミングについて会議をしている社会人たち

医療事務の転職は未経験者でも可能?

転職を考える人にとって、求人サイト等で頻繁に見かける医療事務の求人は気になる職種の一つです。なかなか働く場所や時間が合わない職探しの中で、好条件なのも医療事務が人気の理由です。
医療事務は病院等の医療機関の窓口でカルテの準備から受付、会計など事務や経理を行う仕事です。女性が活躍している職業としても有名ですが、実は医療事務は資格がない未経験者でも、医療事務に転職するのは可能です。
病院によっては、未経験者や資格なしでもオッケーという求人を出しているところもあります。人手が必要な病院などは、医療事務の資格がない人や未経験者でも大事な人材となります。資格がなくても現場では即戦力として求められるので、まずは働いて徐々に知識を身につけていくという働き方もできます。
未経験者でも働けることが医療事務の魅力の一つですが、やはり医療事務は一般の事務とは違い、専門用語や専門の知識が必要となってくるので、資格を持っていると転職の際に有利になります。

医療事務に転職するメリット

医療事務に転職するメリットは働く場所を選ばないことです。働きたくても近くに働ける場所がない、時間が合わない等、転職を考えると色々悩みがありますが、高齢化が進む現在、日本各地の求人サイトで医療事務は求められている人材です。医療にかかわる人材が不足している今、一度医療事務の資格を取って転職してしまえば、家事育児などで病院の現場を一時離れても、またすぐに復職や転職することが可能です。資格がなくても経験があれば積極的に採用されるのも医療事務の強みです。
働く場所も個人の病院から規模の大きい病院、歯科医院から介護施設まで多岐にわたり、たくさん活躍の場所があるのが医療事務で働くメリットの一つです。自分で働く場所が選べるというのはとても魅力的です。
また、医療機関によって勤務時間は様々なので、家事や育児に合わせた自分のライフスタイルで働くことができます。経済的に安定するフルタイムの正社員から、時間の融通がきく短時間のパートなど、選択肢が多いことも医療事務へ転職するメリットになります。働く女性にとって家事育児と両立できるかは仕事を選択する際に重要となります。時間の融通が利く職業は他にはあまりないからです。
収入も安定するため、女性でも長期にわたり働くことが可能ですし、最近では病院以外にも調剤薬局や介護の現場でも活躍の場が増えてきています。これからの高齢化社会では、医療事務の働く場はさらなる広がりを見せていき、ますます注目を集めそうです。

医療事務の未経験者に求められるもの

医療事務は資格を持っていると採用される時に有利となりますが、資格を持っていなくても病院で働くことができます。資格がなくても医療の現場で経験を積み、専門用語などを直に学び、徐々に覚え資格を取得することも可能です。しかし、医療事務未経験者に求められるのは、知識や経験だけではありません。医療事務は窓口で直接患者と接することも多いため、知識だけを詰め込むだけでなく、病院の顔としての責任を果たすことも重要となってきます。直接患者と接する機会が多い分、やりがいがある仕事なのも事実です。
ただパソコンに向かうだけではなく、窓口での受けごたえや、お見舞いの方への対応など、病院に来た人がスムーズにいくように心がけるのも医療事務の大事な仕事の一つです。患者への受けごたえや、場合によっては医療制度の説明等がしっかりと出来るように知識が必要なのです。
専門用語などは聞きなれないものが多いので覚えるのは根気がいりますが、子育てや家事の合間に勉強し資格を取得し転職する方もたくさんいます。資格を取るまでは大変ですが、一度資格を取れば一生涯自分のものとなり、転職や就職の際の強みにもなるので将来の為に根気よく努力することが大事です。

↑ PageTop