転職と一言でいっても希望企業が募集を行っていなければ意味がありません。その為、転職時期やタイミングもとても重要になってきます。当サイトでは転職の時期やタイミングについてまとめてまいります。転職をお考えの方は参考になさってみてください。

転職のタイミングについて会議をしている社会人たち

心配性な人は事務職への転職もよい

もし、心配性な性格であるならば、事務職への転職もよいかもしれません。
なぜならば、細かい数字の管理をしたり、書類を作成する事務職は、必ず見直して間違いがないか、何度も確認する必要があるからです。心配性なこの性分がうまくいかせる職種といってもよいでしょう。
事務職と一口に言っても、実はそれには種類が何種類かあります。
営業のアシスタント的な役目をする営業事務や、社員の入退社の手続きを行う総務、会社のお金の管理をする経理、それ以外の庶務を行う一般事務など、意外と色々種類があります。
しかし、中小企業の場合、この業務を一人ですべてやるところもあります。
電話対応から来客時の接客、書類作成、お金の管理、または、会社の電球が切れたときの付け替え作業など、その業務は多岐に渡ります。意外ですが、事務職といえども、指示待ちでは務まらないということです。
こういう役割の人は、言われなくても色んな事に気が付いて、目配りができて、ほかの社員の方たちがスムーズに仕事ができるように影でアシストする必要があるからです。
言われなくてもほかの人の手助けになるようなことを黙ってして初めて事務職としてのポテンシャルが高いと評価されるでしょう。
そういわれるためには、まず、書類作成時の誤字脱字がないことは当たり前、言われた通りの部数をコピーする、お金の帳簿もきちっとつけるといったいわば、会社の中の女房役をしっかり務められる人が事務職に向いていると言われます。
そういった出来た女房役がいる会社は、多少営業がいい加減なことをしていても、内部でピシャリとしめるので、会社としては、きちんと管理されて成り立っていくものです。
心配性で神経質な人でも重宝される職種といえるでしょう。

↑ PageTop