転職と一言でいっても希望企業が募集を行っていなければ意味がありません。その為、転職時期やタイミングもとても重要になってきます。当サイトでは転職の時期やタイミングについてまとめてまいります。転職をお考えの方は参考になさってみてください。

転職のタイミングについて会議をしている社会人たち

転職で考えるべきタイミングとは?

普段仕事をしている中で、今後の将来を考えた時に転職を考える事があります。転職でキャリアアップを目指す人や、新たな業界や職種への挑戦を目指す人もいるでしょう。そんな転職を考え、そして実際に活動を始めるタイミングとはいつが良いのでしょうか。まずは現在勤務している企業の年間のスケジュールから判断してみましょう。年間スケジュールの中で、評価のタイミングと賞与のタイミングです。まずは評価のタイミングに関しては、現在の企業でのご自身の今後のキャリアを知る機会です。昇進が近いのか、もしくはまだまだ昇進には遠いのかを現在の上司と話す中で探ってみましょう。もし、昇進や昇給が近いと感じたのであれば、まだ転職せずに現在の企業で働くのも良いでしょう。昇進後に転職を考えるのも一つの方法です。そして賞与のタイミングは非常に重要です。転職の時期によっては、賞与を受け取る事が出来ないケースもありますが、退職日をしっかりと調整しながら年間を通しての賞与を受け取った上で退職すると良いでしょう。賞与支給の基準を確認しておき、どのタイミングで企業に在籍をしていれば賞与を受け取る事が出来るかを知っておくと良いでしょう。転職活動は、数か月間程で終了するケースが多く、現在仕事をしている人であれば時間の制限もあり、あまり多くの企業の選考を受ける事が簡単ではないかもしれません。そのため、選考を受ける企業を絞り、数か月間で終了出来る様な体制を作っておきましょう。そうする事で、より現在の会社にも迷惑をかける事なく計画的な退職が実現でき、効率的に転職活動を行う事が出来るでしょう。活動のスケジュール等を作成し、目標日程を決めておくのも良いでしょう。

↑ PageTop