転職と一言でいっても希望企業が募集を行っていなければ意味がありません。その為、転職時期やタイミングもとても重要になってきます。当サイトでは転職の時期やタイミングについてまとめてまいります。転職をお考えの方は参考になさってみてください。

転職のタイミングについて会議をしている社会人たち

転職と退職時期について

仕事を変える事を検討している際には、そのタイミングも非常に重要となります。現在仕事をしている人は、仕事をしながら転職活動を行うケースが多く、もし転職先が決まった場合、上司へ退職の報告をしたり、次の仕事へ向けて入社準備も進める事になります。そのため、まずは転職活動を始める際に、ある程度の転職時期を決めておきましょう。例えば、最初の1か月間は求人を調べて企業研修をし、実際の選考期間を約2か月、そして退職まで1か月半等と決めておくことで全体のスケジュールを作成する事が可能です。そのスケジュールに沿った形で転職活動を行っていき、途中で少しの修正をしつつ、目標とする時期を目指してみましょう。実際に転職先が決まった場合、上司や会社への報告が必要です。まずは口頭で退職の旨を伝え、退職日の交渉を始めましょう。一般的な企業であれば1か月前に申告する事が一般的ですが、後任や引継ぎの事も考えると、1か月半から2か月後が現実的でしょう。具体的な日程は上司との相談になりますが、転職先から言われている日程があるのであれば正直にその旨を伝えても良いでしょう。出来るだけ、現職の上司やチームメイトに迷惑がかからない様にしましょう。今後どの様な形で仕事をするか分かりません。悪い印象で転職をする事だけでは避ける様にしましょう。実際に退職日が決まれば、後は引継ぎを行い、そして次の企業に入社する準備も進めましょう。中には引っ越しを伴う場合もあるでしょう。引っ越しが必要な場合はより明確なプランを立てて計画的に行いましょう。新たな場所で新たな目標を持って、そして新たな挑戦が待っているかもしれません。出来るだけ次の仕事がスムーズに進む様な環境作りを心がけると良いでしょう。

↑ PageTop