転職と一言でいっても希望企業が募集を行っていなければ意味がありません。その為、転職時期やタイミングもとても重要になってきます。当サイトでは転職の時期やタイミングについてまとめてまいります。転職をお考えの方は参考になさってみてください。

転職のタイミングについて会議をしている社会人たち

銀行から幼稚園に転職できるか

銀行から幼稚園に転職するのは、簡単ではありません。まず資格を取る必要があります。それがうまく行ったら、転職できます。銀行員の人が、幼稚園で働く資格を取るには学校に行く必要があります。具体的には保母の資格を取る学校です。短大や大学で取ることができますが、試験に合格しなければなりません。国家試験で、やや難しいと言われています。一番確実な方法は、銀行をやめて学校に入ることでしょう。収入はなくなりますが、勉強に集中できるようになります。短大卒や大学の卒業者は、それらの学校で取得した単位を生かすことができます。例えば、教育に関する単位を取っていれば、学校に入りなおした時に勉強する科目が少なくなります。
せっかく勤めている銀行をやめるのは、もったない面があります。幼稚園に100%確実に転職できるとは限りません。比較的人気の高い職業なので、募集があったら応募する人が多い場合もあります。入れなかった場合に備えて、今の仕事を続けているのは賢明な方法です。今の仕事をしながら、学校に行く方法もあります。それは通信制の学校に入ることです。通信制を卒業しても、保母の国家試験を受ける資格は取得できます。通信制の場合は、レポートの提出が中心になります。レポートを決められた期限までに提出します。それ以外にはスクーリングがあります。実際に学校に行って授業を受けます。スクールリングの期間は短いので、勤めに支障が出ることはありません。この方法を選択するのは楽ではありません。仕事と勉強を両立させなければならないからです。毎日の生活で余裕がなくなる恐れもあります。しかし、経済的な損失は少なくなります。銀行の仕事の収入があるからです。

↑ PageTop